格安スマホ会社

mineoのお試しコースはコスパが悪い!?気をつけたい点とは?

ケロ蔵

mineoのお試しコースって初期費用が安いけれど、本当に大丈夫なのかなぁ?

アイナ

コスパは悪いですが、初期費用が安いのは間違いありませんよ。

mineo(マイネオ)

mineoお試しコースは初めてスマホに触る人向けのプラン

mineoには他の格安スマホサービスとは違い、低容量コースが存在します。

それが『お試しコース』です。

具体的には以下のような内容ですね。

お試しコースの内容
  • 基本データ容量が200MB
  • 契約事務手数料500円
  • 解約金が不要
  • 契約期間は最大2ヶ月まで

今までスマホを使ったことがない方向けのコースで、まずはお試し感覚で1ヶ月程度使ってみて、気に入ったらmineoを続けるか止めるか選べます。

アイナ

解約料は不要なので、余計な負担がかからないのが利点ですね。

お試しコースの機能は通常コースと差はなし

お試しコースは安いから使える機能に制限があるんじゃないか?と感じるかもしれませんが安心してください。

たとえお試しコースだからといって、他のコースと同様にmineoで提供している機能は使えます。

具体的には…

  • mineoスイッチ
  • データタンク
  • mineoアプリ

通常コースでも使える機能がお試しコースでも使えますよ。

契約期間後は自動的に500MBコースへ移行

解約手続きをしないまま放置をすると契約開始日の翌々月に500MBへコースが変更されます。

解約したい場合は翌月の25日までに解約手続きを行わなければなりません。

200MBコースは、あくまでもお試し期間という位置づけなので、長期間の利用をすることは出来ないということです。

あとで解説しますがお試しコースはコスパが悪く、長期利用はあまり向いていないと思います。

あくまでもmineoというサービスの質を知るために使うものです。

mineoのお試しコースで必要な費用

お試しコースは名前の通り、お試し感覚で利用することが出来るようになっています。

費用もかなり抑えられており金銭的な負担も少ないので、いきなり高い費用をかけたくないという方には背中を後押ししてくれるコースとも言えます。

ケロ蔵

サービスの質や内容に自信があるmineoだからこそできる料金設定ということだね。

初期費用の比較

まず契約時にかかる初期費用についてです。

必要な費用は

  • 契約事務手数料
  • SIMカード発行料

の2つです。

これら2つを合わせた金額が初期費用です。

今回はお試しコースの比較対象として3GBコースを選んでいますが、500MB~30GBでも同様の費用がかかります。

お試しコース3GBコース
契約事務手数料500円3,000円
SIMカード発行料400円400円

契約時にかかる契約事務手数料は6倍もの差が開いてますね。

この段階でお試しコースのメリットが光ります。

お試しということだけあって、お財布に優しいコースとも言えるでしょう。

月額費用の比較

続いて月額費用です。

お試しコースにプランの選択肢はありませんが、通常コースの場合プランは一般的な格安スマホで利用されているドコモ回線(Dプラン)を比較対象にしています。

基本データ容量シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
200MB
(お試しコース)
300円1,000円
500MB700円1,400円
3GB900円1,600円
6GB1,580円2,280円
10GB2,520円3,220円
20GB3,980円4,680円
30GB5,900円6,600円

このほかにユニバーサルサービス料も必要ですが、低額のため今回は除外します。

初期費用と月額料金を合わせて2000円程度です。

3GBだと約5,000円ほどかかるので、安い費用でスマホを使えるというわけですね。

mineo(マイネオ)

mineoのお試しコースはコスパが悪い理由

お試しコースは初期費用と月額費用あわせて2,000円程度で使えます。

対して、3GBコースは5,000円~6,000円と倍以上の費用がかかります。

全部のコースの中で最も安く利用できるので、コスパがいいと思いますよね?

ですが最もコスパが悪いコースでもあるんです。

ケロ蔵

支払う費用も少ないのに、どうしてコスパが悪いの!?

アイナ

1MBあたりの単価が高く設定されているので、結果的に割高になってしまうんですよ。

mineoで契約できるデータ通信容量を見ていきましょう。

それぞれのコースによる1MBあたりの価格を表にしてまとめました。
(1GB=1,000MBで計算)

基本データ容量シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
200MB
(お試しコース)
1.5円5円
500MB1.4円2.8円
3GB0.3円0.53円
6GB0.26円0.38円
10GB0.25円0.32円
20GB0.2円0.23円
30GB0.19円0.22円

契約する容量が多ければ多いほど、1MBあたりの価格は安くなりますが、200MBコースと3GBコースを比較すると、かなりの開きがあります。

では次に実際払う費用を見てください。

初期費用+1ヶ月の月額費用をデータ容量で割った1MBの単価です。(税抜き)

お試しコース(デュアルタイプ)
1,900円/200MB=9.5円

3GBコース (デュアルタイプ)
5,000円/3,000MB=1.66円

費用は確かにお試しコースが安いですが、データ容量の点を考えるとそこまでコスパがいいとも言えません。

200MBコースは一見安く利用できるので初心者は選びがちですが、1MBあたりのコストは一番高いという点も頭に入れておきましょう。

お試しコースで気をつけておきたい注意点

お試しコースは他のコースと異なり、気をつけなければならない点がいくつかあります。

1ヶ月200MBは使い切るのが早い

お試しコースの期間中、上限の200MBに達すると低速回線(200kbps)に切り替わります。

一応通信はできますが、インターネットの閲覧やyoutube動画はまともに見ることは出来ません。

メールやLINE程度なら影響は少ないですが、快適さは無くなるのでストレスになるかと思います。

アイナ

普段からスマホをいじらない人や自宅にWi-Fi環境があれば影響はないと思います。

契約期間中のプラン・コース変更は不可

お試し期間中はプランやコースの変更は一切できません。

契約期間中に200MBに達した場合、翌々月まで契約の変更ができないため、低速通信のスマホを使い続けなければならないということです。

どうしてもmineoを使いたい場合は、いちど解約をしてから再度契約をしなければなりません。

もちろん契約事務手数料やSIMカード発行料などの費用は払うので、手間とお金がかかります。

割引キャンペーンの対象外

お試しコースは元々格安で提供しているためか、割引キャンペーンの対象外になっています。

ただし、お試しコース→通常コースに切り替わる際には、割引キャンペーンの対象になるので、その点に関しては心配はないかもしれません。

MNP転出で追加費用がかかる

mineo解約時に、利用している電話番号を他社で引き続き使いたい場合は、MNP転出費用が3,000円かかります。

これはどのコースでも必要になってくるので、お試しコースだけの注意点ではないでしょう。

ちなみに電話番号を引き続き使う予定がない場合は、上記の費用はかかりません。

ケロ蔵

MNP転出をしないと、家族や会社に電話番号を変更した旨を伝えるのがめんどいかな~

まとめ

お試しコースは初めてスマホを使うという人にとってオススメできる内容です。

全コースの中で契約事務手数料はもちろん、初期費用や月額料金も安いので、失敗したとしてもそれほど痛手にはならないでしょう。

一方でスマホを長く使う予定であれば、最初から3GB以上のコースを選んでおいたほうがいいかと思います。

契約事務手数料は高くなってしまいますが、200MBなんて数日で無くなってしまいますし、その間は低速回線で我慢するのも意外とストレスです。

スマホを頻繁に使う予定がなければ、お試しコースを契約してもいいかもしれませんね。

まとめ
  • 費用は安いが1MBあたりの価格は高い
  • コスパが悪いので長く使う予定なら3GB以上推奨
  • 契約日の翌々月に500MBコースへ自動切り替え
  • コース変更・解約は翌月25日まで
mineo(マイネオ)
ABOUT ME
ケロ蔵
北海道に住んでいる30代独身。