格安スマホ会社

格安スマホのスタンダード!? 楽天モバイルを選びたくなる魅力とは?

楽天モバイル_ロゴ

数ある格安スマホ業者がある中で、どれか1つだけを選ぶためには情報を集めて、比較をしなければなりません。

格安スマホ業者に迷っているのであれば、真っ先に思いつくのが楽天モバイルでしょう。

楽天という会社を知らないという人はいないと思います。

それくらい有名なサービスで、現在展開しているMVNO顧客数No.1は伊達じゃありません。

そこで今回は楽天モバイルのサービスを掘り下げていきます。

楽天モバイルをオススメする4つの魅力

これだけのシェアを誇っているのはブランドが強いからだけではありません。

これから楽天モバイルを利用しようと考えている人にとっって、非常に有益な特典が多数含まれているので、検討中の人はこの機会に知っておきましょう。

楽天スーパーポイントを利用料金に割り当てられる

楽天の強みであるポイントシステム、楽天スーパーポイントを使って毎月の月額利用料を割引することが出来るんですよ。

これは他の格安スマホにはあまり見られないシステムで、大抵の場合はセットでお得だったり、元々安かったりするくらいでポイントという 概念がありません。

しかし楽天モバイルでは、グループで共通して使うことが出来るポイントが存在するので、これを使って安くすることが出来るということです。

とくに楽天でお買い物をしたり、対象店舗でポイントカードを利用している人にとっては、もらえるポイントが多くなりますので、半額程度にまで割引することだって出来るかもしれませんよ。

楽天カードとの連携

テレビCMで頻繁に見る楽天カードとの相性が抜群によく、楽天モバイルの月額料金を楽天カードの引き落とし先に指定すれば、毎月多くのポイントが手に入ります。

このポイントを使って、来月の月額料金から差し引くことだって可能です。

新規入会ポイントを使って 初期費用が安くなる!?

まだ楽天カードを持っていない人はスマホを安く買えるチャンスです。

ほぼ毎日開催している新規入会で5,000ポイントもらえるキャンペーンがあります。

このタイミングでカードを作れば、スマホ契約時に本体代金に充てル事で、格安で入手できるんです。

現在販売されているスマホは一般的なミドルスペックで2万〜3万程度なので、すこしでも安く買いたいのであればオススメです。

不定期に開催されている楽天スーパーSALEと併用すれば、さらに安くスマホをゲットすることだって可能です。

大手コンビニやドララッグストアで ポイントをお得にゲット!

普段からコンビニやドラッグストアでお買い物をしているのであれば、楽天ポイントを一気に稼ぐこともできます。

楽天ポイントカードでポイントを貯められるお店であれば、すこしずつではありますが、ポイントが貯められます。

これを繰り返し使っていけば、お金の節約にもなりますし、1年間で見ると数千円の割引にもなるので、有効活用しましょう。

違約金が一切かからない

2019年10月以降に契約した方は解約時に違約金がかからないようになりました。

それ以前までは契約時してから1年の間に解約をすると違約金がかかっていましたが、それが撤廃されたので契約したのはいいけれど不満があるからという理由ですぐに解約できるようになります。

ただ、何度も入会と解約を繰り返す客の対策で、違約金がかからない条件はあります。

スーパーホーダイで通話や通信が使い放題

楽天モバイルが一番推ししているプラン『スーパーホーダイ』は他のMVNO業者には無い、契約者にとって非常にありがたい内容になっています、。

詳しい内容は後ほど紹介しますが、これを目当てに楽天モバイルを選ぶ人もいますね。

私もその中の1人で、このプランがあったからこそ契約に踏み切ったと言ってもいいかもしれません。

楽天モバイルのメインプラン『スーパーホーダイ』の魅力とは?

それではここからは楽天モバイルを使う上では非常に重要なスーパーホーダイに関する情報を噛み砕いて解説していきます。

スーパーホーダイに加入すると以下の特典があります。

  • 1回の通話で最大10分間かけ放題
  • ギガがなくなっても大丈夫! 最大1Mbpsの低速通信が無制限
  • 契約から1年間は1500円割引( ダイヤモンド会員はさらに500円割引 )
  • 高速データ通信の切り替えで通信量を節約

他の格安スマホ会社にはなく、楽天モバイルの専売特許とも言えるプランです。

これがすべてスーパーホーダイのプランだと全てコミコミのサービスですね。

ケロ蔵

スーパーホーダイのプラン以外にもお好みのデータ容量、通話オプションなどを組み合わせたプランもありますよ。

1回の通話で最大10分間かけ放題

スーパーホーダイ一番のウリになっている10分間かけ放題のオプションです。

10分が超えそうになったら一度切断して、再ダイヤルを繰り返せば通話料がかからないというオプションです。

一般的な電話が10分以内に完結できるというデータがあるので、電話を頻繁に掛ける人ほど得をします。

10分間かけ放題の利用方法

ギガがなくなっても大丈夫! 最大1Mbpsの低速通信が無制限

データ通信をする上で重要な高速通信ですが、1ヶ月で利用できる容量は限られています。

使い切った場合は低速回線のまま月末まで我慢して使い続けるか、ギガを購入しないといけません。

しかしスーパーホーダイであれば、ギガを使い切ったとしても最大1Mbpsの低速回線を無制限で利用することができます。

低速回線利用時のイメージ

管理人もギガ節約のために普段から低速回線に切り替えてスマホを運用していますが、混み合う時間帯以外は特に遅いと感じたことがありません。

それくらい楽天モバイルの低速回線が優秀で、高いプランに切り替える必要性はないと考えます。

契約から1年間は1500円割引( ダイヤモンド会員はさらに500円割引 )

2019年10月からプランの見直しがされて、1年間毎月1500円の割引が受けられます。

割引後の金額が他の格安スマホのサービスと同等の料金で使うことができるんです。

さらに普段から楽天カードを使ってショッピングをしている方なら、+500円の割引があります。

高速データ通信の切り替えで通信量を節約

上記の3つに比べると地味なサービスですが、高速回線と低速回線を手動で切り替えができるようになっています。

これは地味に嬉しい機能で、通信容量が大きい動画視聴においては非常にありがたいです。

動画を何度も見ているうちに容量が足りなくなってきて、来月まで待たなければなりません。

しかし通信速度の切り替えを行えば、必要以上にギガの消費を抑えられます。

いいことばかりじゃない!?楽天モバイルのデメリット

ここまで楽天モバイルのいいところだけ紹介してきました。

これだけだと楽天の回し者に思われかねないので、悪いと思った部分も紹介していきます。

時間帯によって通信速度が遅くなる

これは格安スマホの宿命とも言えるデメリットですが、データ通信をしている時間帯が集中してしまうと、速度が遅くなってしまいます。

携帯キャリアであれば、通信の遅さが気にならないくらい高速サクサクのストレスフリーです。

遅くなる時間帯
  • 12時(昼食時間で混み合う)
  • 18時(学校や仕事が終わって一息)
  • 23時(就寝前)

契約から1年経過すると割引が適用されなくなる

契約してから1年間は1500円もの割引が適用されますが、1年経過すると通常の利用料金に戻ります。

毎月1500円の割引がなくなるので、これは結構痛いです。

2年目は月額基本料が元に戻る

割引が適用されないと格安スマホ業者の中では少し高いかも?

スーパーホーダイは使い勝手の多いサービスが多くある上に、割引率が高いのでオススメできますが、割引がなくなってしまったら、高いかもしれません。

特に普段から電話やインターネットをあまりしない人なら、なおさら高く感じてしまいます。

1年経過をしたら、そのまま使い続けるか別の格安スマホ業者への乗り換えも検討したほうがいいかもしれませんね。

利用状況によっては割高になってしまう

スーパーホーダイはさまざまなサービスをまとめた画期的なプランですが、それでも楽天モバイルにあるもう1つのプラン『組み合わせプラン』と比較すると高いです。

例えばこのようなスマホの使い方をしている人だとあまりメリットを感じないでしょう。

  • 電話はたまにしかかけない
  • 普段からインターネットを使わない
  • インターネットしか使う予定がない(通話はもう1つの方で利用)

こういう使い方だとスーパーホーダイに加入するメリットはありません。

もっと安いプランでも十分使えます。

ABOUT ME
ケロ蔵
北海道に住んでいる30代独身。