格安スマホ会社

楽天モバイルのキャリア回線が4/8からサービス開始! 気になるサービス内容や料金は?

楽天モバイル_ロゴ

2020/4/8から楽天モバイルがMNPとして本格的にサービスを開始することを発表しました。

楽天キャリアの登場によって、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3社も、なんらかの形で料金が値下がりする可能性が出てきます。

我々消費者にとって大きな助け舟となるのか、絵に描いた餅になるのか今後の動向に注目ですね。

非常に気になるところでしょうが、現段階では乗り換えるのは待った方がいいでしょう。

理由は簡単で、通信がまともに機能しない可能性があるからです。

通信はIT化が進んでいる現代において、生活を支えるライフラインでもあり、その通信が機能しないという事は電話はもちろん、メールやインターネットもできないということです。

そこで今回は新たにサービスを開始する楽天キャリアの気になるサービス内容や料金形態について解説していこうと思います。

正式名称は『楽天モバイル』ですが、格安スマホと混同するのを避けるため、ここでは『楽天キャリア』という名称にしています。

楽天モバイルのキャリア参入による影響は?

現在楽天では基地局を持たないデータ通信サービスMVNOとして運営しています。

そして2020/4/8から独自の通信網を使ったサービスプラン『UN-LMIT』がスタートです。

当面の間はMNOとMVNOで同時運営をするので、現在楽天モバイルを格安スマホとして利用している方は今の所、影響はありません。

しかし今後MNO一本化にすることは十分考えられるので、現在楽天モバイルを契約している人にとっても、他人事ではないということですね。

楽天キャリアになって私たちにどう関わってくるのか、詳しく解説していこうと思います。

ケロ蔵

独自の通信網を用意するのは、とっても大変なことなんだ!

楽天が独自で展開している通信網を利用

今まで楽天は楽天モバイルという基地局を持たない格安スマホ事業を展開していました。

これは既存のキャリア回線を借りて、通信サービスを商売にする稼ぎ方です。

基地局を持たなくてもサービスを提供できるというメリットはありますが、利用者増による通信速度の低下や、安定した通信を提供できないといったデメリットもありました。

しかし独自の通信網を広げることによって、通信速度の向上やが見込めます。

そういうリスクも考えて楽天は独自で通信網を展開したのかもしれませんね。

もちろん独自の通信網を持つのは想像以上にお金がかかり、通信事業に4000億以上も投資していたりもします。

これだけ使ってもまだ足りず、将来的に十分なサービスを提供できるかどうかはどれだけ利用者を引き込めるかどうかにかかっているのです。

第4の携帯キャリアとしての期待

現在、日本で展開しているモバイルデータ回線はドコモ・au・ソフトバンクの3社が牛耳っています。

しかしこの3社がサービスや料金が横並びのため、大幅な値下げはされず現状維持をし続けているのが実情です。

そこへ携帯事業に参入を表明したのが楽天という訳です。

現在の通信事業はどこも似たりよったりの価格やサービスなので、価格競争に発展しづらく談合してるんじゃないか?とも言われていたりもします。

総務省からも通信料の値下げを指示されていますが、あまり乗り気では無いのか条件付きで安くなるという純粋な値下げとは言えないものばかりです。

しかし楽天キャリアが今後シェアを広げて、価格も一律2,980円であれば値下げ競争に発展するかもしれません。

アイナ

この価格で高速通信ができるのなら、格安スマホ業者にとっても脅威かもしれませんね。

既存のキャリア料金形態をぶち破る!?

UN-LIMITの利用料金は『一律2,980円』となっています。

これは現在のドコモ・au・ソフトバンクの安い料金プランと同等の価格です。

データ上限 2年縛り 月額料金
ドコモ
(ギガホ)
60GB あり6,980円
au
(auデータMAXプランpro)
上限なし あり 7,480円
ソフトバンク
(メリハリプラン)
50GBなし 7,480円
楽天モバイル 上限なしなし 2,980円

注目するべき点は『月額料金』です。

現在の3キャリア昔よりもわかりやすく料金プランを絞ってきてますが、割引だけでも多くの条件が設定しているため、利用者からするとわかりにくくなっています。

しかし楽天キャリアの場合、どんなに通信をしても一律2,980円と決まっているため、料金プランもわかりやすく利用者にわかりやすい料金形態だと思います。

そして2年縛りという自動更新も無いため、解約時期を過ぎてしまい解約金がかかるといったこともありません。

楽天モバイルの新プラン『UN-LIMIT(アンリミット)』の詳細

楽天モバイルの新プラン『UN-LIMIT(アンリミット)』が公式ページにて公開されたので、ここからは公開されている内容をじっくりと掘り下げてみましょう。

気になる点は以下の6つです。

  1. 通信可能エリア
  2. 通話料金
  3. 『1年無料』キャンペーン
  4. SIMロック
  5. 最低利用期間
  6. 契約解除料

リンクを張っておきますので、興味があれば読んでみてください。

楽天キャリア携帯の懸念材料

公式ページにはいいことばかり羅列しているため、すごいお得なサービスという印象を受けます。

なので、スマホのことを全く知らない人からするとメリットばかりと思うかもしれませんね。しかし、実際に使ってから後悔することも考えられます。

そこで、楽天キャリアを使う上での懸念材料とも言うべき点について書いていきます。]

データ使い放題は特定のエリアのみ

1つ目はデータ通信が完全無料になるのは楽天基地局に接続した場合のみということです。

サービスがこれから始まる段階で楽天基地局の範囲は人口の多い大都市に限られます。

それ以外のエリアだとパートナー基地局、つまりドコモやauの基地局を借りて通信を行うということですね。

コレがどういうことかと言うと、楽天基地局の範囲に住んでいない場合、格安SIMを使っているのと何ら変わりないということです。

2GBで2980円なので、これなら同サービスのスーパーホーダイを契約したほうが、はるかにお得ということですね。

スーパーホーダイであれば・10分以内の通話が無料・低速回線でも最大で1Mbpsの通信速度・1年間最大で1000円引きエリア範囲に住んでいる人ならメリットは感じられるんですけどね…

通信が不安定

[サービス開始の段階はどこも同様なんですが、通信がまともに出来ない特長があります。事前に無料サポータープログラムというベータテストは行っていますが、あまり評判が良くなかったのでこの点を改善されていなければ致命的です。これから通信の安定化を改善していくと思いますが、わざわざお金を払ってまで不憫な思いをするくらいなら、今使っている回線をそのまま利用したほうがいいと思います。]

楽天キャリアの気になる口コミは賛否両論

肯定意見の口コミ

楽天回線エリアだとデータ通信が無制限で安い!

一番の注目ポイントが楽天回線エリアだと通話・データ通信無制限で2,980円なんですよね。

通常、通話し放題サービスはオプションとして加入し、料金も上乗せされることがほとんどなので、それらをすべてコミコミで約3,000円ということを考えれば安いと思います。

とりあえず最初の1年間はお試し感覚で使うのもアリかも?

サービスが開始されたといっても、まだ通信が安定していないので最初の1年間は無料で利用できます。

300万名限定ですが、状況によっては増減することもあるようなので、今後の展開次第で変わるかもしれません。

否定意見の口コミ

エリア内でも場所によってはつながらない

実際に楽天キャリアが発表している通信エリアでつかっても、地下や屋内では圏外となるケースがあるようです。

つまりエリア内だからといって必ずつながるというわけではないということですね。

このあたりは今後改善されていくと思われます。

月2GBで2980円は高い!(回線エリア外)

エリア外だと月2GBの制限があり、月額2980円なので格安スマホと比べると決して安くはありません。

1年間無料とはいえ、その後エリア拡大や通信回線の改善がされなければ、継続していくのは厳しいのではないでしょうか。

まとめ

今回は楽天のキャリアについて紹介してきました。

サービスが始まったばかりなので、通信の不安定さや一部のエリアにしか対応していない点を考えると、まだまだ実用には遠く及ばないかもしれませんね。

なので最初から過度の期待をしようとせず、最初は様子見で通信が安定してきたら乗り換えるかどうか検討しましょう。

気になるのであれば、お試し感覚で試してみるのもいいかもしれませんね。

今なら月額利用料金がかからないので。

まとめ
  • 既存のキャリアよりも安く利用できる
  • データ通信無制限は一部のエリアのみ
  • 楽天キャリア1本で利用するのはリスク大
  • 最初の1年間は無料なので興味があれば使ってみてもいいかも?
ABOUT ME
ケロ蔵
北海道に住んでいる30代独身。