格安スマホ会社

楽天モバイルは違約金がかからないというのは嘘!?損をしない方法

楽天モバイル_ロゴ

2019年10月から楽天モバイル公式ホームページでは解約手数料が一切発生しないと記載されています。

これを見て既存の楽天モバイルユーザーは他社に乗り換えようと考えている人がいるかも知れませんね。

しかしこの解約手数料が無料という内容には条件があり、すべてのお客さんに対して対象になっているわけではありません。

これを知らずに契約してしまい、解約するときには高い解約手数料がかかってしまったということにもなりかねないので、正しい知識を知っておき損をしない使い方をするようにしましょう。

アイナ

違約金は約1万円と高額なので、最低利用期間は必ず確認しておきましょう。

楽天モバイルの違約金が無料になるには契約した時期が重要

違約金を払うかどうかは契約した時期によって異なってきます。

  • 2019年10月1日以降
  • 2019年9月30日以前

楽天モバイルショップやオンライン上で申し込みが完了した日が契約時期で、スマートフォンを使い始めた日ではありません。

2019年10月1日以降に契約した方については違約金はかかりませんが、2019年9月30日以前に契約した方に関しては契約期間中に解約した場合、違約金がかかってしまいます。

契約期間の確認方法

楽天モバイルのメンバーズステーションから確認が出来ます。

スマホから確認したい場合は楽天モバイルアプリから確認できます。

スマホから契約期間の確認
  1. 楽天モバイルアプリを起動。
  2. 左上にある横線3本のマークをタッチ。
  3. 『登録情報の確認・変更』を選び、『ご契約者さま情報』を選択。

PCから確認したい場合は次の方法です。

PCから契約期間を確認
  1. 楽天モバイルメンバーズステーションにログイン。
  2. 『登録情報・設定変更』欄にある『ご契約者様情報』を選択。

このページにある『最低利用期間』という部分が契約期間であり、この日までに解約を行うと違約金が発生してしまいます。

楽天モバイルの契約期間を過ぎた後は違約金はかからない

携帯キャリアでよくある2年ごとの自動更新とは異なり、楽天モバイルの契約は元々定められていた期間を過ぎた後は、違約金がかかりません。

ただし契約期間終了後は各種割引きも消滅してしまい、月額利用料が割高になってしまいますので注意が必要です。

そのまま使い続けるか、別の格安スマホ業者に乗り換えるか考えておきましょう。

プラン変更でも違約金はかかる場合がある

2019年9月30日以前に契約した場合はプランの変更をするだけでも違約金がかかってしまうケースがあります。

2019年9月30日以前と2019年10月1日以降のプランは名前は同じでも、それぞれ全く料金形態が違うプランになっているため、最低利用期間内に変更する場合は契約解除料がかかってしまいます。

詳しくは楽天モバイルプラン変更ページに解説されていますのでご覧ください。

ABOUT ME
ケロ蔵
北海道に住んでいる30代独身。