格安スマホ会社

楽天モバイルの端末保証がいまいちよくわからない?初めてのスマホ

楽天モバイル_ロゴ

楽天モバイルの保証内容とは?

格安スマホ会社でも当たり前になってきている携帯保証サービスです。

楽天モバイルでも当然用意されています。

スマホはいつどこかで故障をするかわかりません。

万が一の場合に備えて保証オプションに加入しておくことは大事です。

楽天モバイルが提供している保証プランは2種類

楽天モバイルには2種類の保証サービスがあります。

  1. スマホ交換保証
  2. つながる端末保証 by 楽天モバイル

どちらも故障した場合に無償または低価格で修理や交換をしてくれるサービスなので、

「スマホが壊れたらどうしよう…」とか

「仕事で頻繁に電話をするから使えなくなるのは困る」

といったときに助かります。

アイナ
アイナ
2つのプランの違いについては後ほど紹介しますね。

故障したスマホの修理や交換にも対応

スマホが壊れた時、修理や交換費用がそこそこ高いです。

修理をするにせよ買い替えるにせよお金がかかります。

そんな時に携帯保証サービスに加入しておけば、無償または低価格で修理や交換をしてくれるので、万が一の時の保険がわりになるのがありがたいですね。

契約し続けている限り適用可能

楽天モバイルの保証サービスに加入したら、スマホを買い換えるか保証オプションを解約しない限り、半永続的に利用できます。

つまり有効期限が決められていないのです。

保証期間が過ぎたら後は自己負担というリスクがなくなるので、いつまでも長く愛用のスマホを使い続けられるというのは安心できます。

SIMカードのみの契約でも加入ができる

通常保証サービスは契約したサービスで買ったスマホ本体にしかつけられないことが多いですが、楽天モバイルでは他社で購入したスマホでも保証対象にできます。

保証対象の適用条件が一部加わりますが、それでも携帯端末にも保証が受けられるというのは楽天モバイルならではです。

『スマホ交換保証』と『つながる端末保証 by 楽天モバイル 』の違い

楽天モバイルには2種類の保証サービスが存在しています。

1つのモバイルサービスに2つの保証オプションが用意されているため混同しやすいですが、両方と契約することは出来ないようになっているので、重複して利用することは出来ません。

スマホ交換保証

スマホ交換保証は楽天モバイルでスマホとSIMカードをセットで契約した場合のみ利用できる保証サービスです。

スマホが故障した場合、修理ではなく新品同等の機種に交換して対応します。

東京23区内であれば当日中に受け取ることが出来ますし、それ以外の地区でも翌日には交換品を受け取れますので、スマホが利用できない時間帯が短縮できます。

補償範囲は電源が入らないという自然故障や、不意の落下による物損故障など幅広く保証でき、契約している限り無期限なので、もしもの時には安心できるサービスです。

契約期間中は月額500円、故障時の交換費用6000円かかるので無償交換というわけではありません。

それでも新品同等の機種と交換することが出来ます。

故障で新しいスマホに買い換えた場合、安くても2万~3万もの費用がかかると考えれば、そこまで高くはないのではないでしょうか。

つながる端末保証 by 楽天モバイル

つながる端末保証 by 楽天モバイル(以下:つながる端末保証)は楽天モバイルのSIMカードを契約時に付けられる保証オプションです。

SIMカードのみでも加入の対象になるため、現在手持ちで持っている他社で買ったスマホでも保証の対象になります。

しかもスマホ交換保証オプションでは対象外のiPhoneやiPadも保証してくれるので、幅広く利用できますよ。

補償範囲は自然故障・水没・破損全損に対応しています。

自然故障の注意点

スマホ交換保証とは違って、自然故障だと製品発売日から36ヶ月を過ぎると保証対象外になりますので注意してください。

修理の場合は原則無料、交換の場合は修理回数によって金額が変わってきます。

  • 1回目:4000円
  • 2回目:8000円

年間単位で判別するので過去に1回交換依頼をしたとしても、修理受付した日から1年さかのぼって交換履歴が無い場合は4000円です。

携帯保証に加入するための条件

携帯ショップ

携帯保証オプションはいつでも加入できるわけではありません。

タイミングが悪いと加入ができず、保証無しで使わなければならなくなります。

保証契約は申し込みの時だけ

保証サービスは基本的に申し込みと同時にオプションに入るかどうか決めます。

原則は申込時ですが、楽天サポートセンターから加入の営業電話が来る場合もあるようです。

かならず来るわけではないので、あとで加入しておけばよかったと後悔しないよう、あらかじめはいるかどうか決めておきましょう。

保証が開始されるタイミング

保証オプションは契約してすぐに適用されるわけではありません。

保証開始日は毎月1日から適用されるようになっているため、月の途中で申し込んでも保証は受けられないんですね。

例:10月25日に保証オプションに加入→11月1日から保証開始

なので、保証が開始されるまではスマホをうっかり落とさないよう気をつけてください。

アイナ
アイナ
メーカー保証が適用されるかどうかは各スマホメーカーに問い合わせてください。

楽天モバイルの保証を利用する方法

保証期間中にスマホが故障したと判断したら、サポートセンターやメンバーズステーションに問い合わせましょう。

保証サービスを利用できる回数は決まっている!?

1年間で2回まで
保証対象外の製品
iPhone
Apple Careで保証をつけられる

保証対象外になるケース

手厚い保証を受けられる楽天モバイルですが、一部保証対象外のものもあります。

例えば商品に入っているACアダプタや充電ケーブルなどの付属品は、保証の対象外です。

他にもSIMカードは保証されません。

ケロ蔵
ケロ蔵
SIMカードが壊れることってないと思うけど…

 

アイナ
アイナ
SIMカードを頻繁に入れ替えるうちに劣化する場合もありますからね。

あとはバッテリーの劣化も保証対象外です。

スマホを使っているとバッテリーの劣化はどうしても気になりますが、バッテリー交換は自己負担になってしまうのが残念なところですね。

送料について

携帯が壊れた際に代替品が送られてきますが、保証プランによって異なります。

  • スマホ交換保証:送料無料

つながる端末保証:発送時は送料無料、受取時は自己負担

プランによっては違いがありますので、間違えないようにしてください。

楽天モバイルの保証サービスを解約する方法

保証サービスの解約はいつでもできます。

一度解約をすると再契約をすることができなくなりますので、解約をする際にはよく考えましょう。

解約手続きは即座に完了するわけではない

解約手続きが完了したからといってその日に切り替わるわけではありません。

締め日は25日と決められており、契約者によって違いはないです。

この日までに解約手続きを行えば今月末で保証オプションは切れますが、25日を超えて解約手続きを行った場合は、来月まで継続します。

そのため保証オプションが1ヶ月多くかかってしまいますので、解約するのであれば早めに手続きを済ませましょう。

楽天モバイル2つの保証オプションの違い

最後にスマホ交換保証とつながる端末保証の違いを表にしてまとめています。

それぞれの保証内容の違いを比べてみるのもいいかもしれません。

スマホ交換保証つながる端末保証
月額料金500円/月500円/月
保証期間無制限無制限(自然故障は
製品販売から36ヶ月まで)
修理費用不可(交換で対応)0円
交換費用6000円1回目:4000円
2回目:8000円
交換品新品同等楽天モバイル指定製品
(新品とは限らない)
代替品ありあり
送料楽天モバイル負担発送時は楽天モバイル負担
受取時は契約者負担
補償範囲自然故障
水没
破損・全損
自然故障
水没
破損・全損
回数制限 年間2回まで 年間2回まで
ABOUT ME
ケロ蔵
北海道に住んでいる30代独身。