ネットサービス

スマホでも簡単に口座開設が出来る!ネットバンキングのススメ

ネットバンキングってどういうイメージをお持ちですか?

使ってみたいと思っている人もいるかも知れませんが、目に見えないサービスってなんだか不安…というのもわかります。

ネットで調べてみるといいことばかり書いているから、逆に危険なんじゃないか?と持ってしまうんですよね。

いろんなことに挑戦したいけれど、まわりにネットバンキングを使っている人があまりいないから、いまいち乗り気になれないかもしれません。

そこで今回はインターネットを使うのに便利なサービス『ネットバンキング』について書いていきます。

アイナ

ネットバンキングの利用者は年々、増加傾向にあるようですね。

インターネットネットバンキングとは?

インターネットバンキングとはインターネットを介した銀行の取引サービスのことを指しています。

今まで銀行の窓口やATMで行っていた各種手続きが、ネット環境さえあれば自宅や出先からでもできるということですね。

時間に追われている現代人にとって大幅な時間の節約になるため、実は利用している人は多いんです。

店舗を構えない専業ネットバンキングも存在

インターネットバンキングのサービスを展開している銀行の中には、店舗を構えずネットの中で存在しているサービスもあります。

いわゆる専業ネットバンキングですね。

口座開設はもちろんのこと、振り込みや自動引落の手続きはすべてインターネットを使って申し込みます。

店舗がないということはサービスを運営するための人件費や光熱費など様々なコスト削減をすることが出来て、その分利用者に対して手厚いサービスを提供することも出来るということです。

ネットバンキングが危険という認識はもう古い!?

インターネットを利用する上で避けては通れない問題なのが、不正に口座へログインされ財産を盗み出されるセキュリティーです。

どんなにサービスが良くても簡単に不正ログインをされてお金を持ち出されてしまったら意味がありません。

ハッキングとかインターネットそのものの危険性もあったので、一昔前までのネットバンキングはそのセキュリティー面にて問題視されておりました。

しかし現在はセキュリティーのアップデートを繰り返し、第三者が用意にアクセスできないように対策が施されています。

どんな対策をしているのかと言うと…

  • IDとパスワードによるログイン認証
  • 取引内容をメールで通知
  • 数十秒ごとにパスワードが変わる『ワンタイムパスワード』

他にも各サービスごとに独自のセキュリティーが何重にも施されているので、本人以外のログインをするのは至難の業です。

セキュリティーの突破はサービスそのものの信用にも関わってくるので、どのネットバンキングも最優先に対策をしているため、容易に財産を持ち出されることがないということです。

生活がさらに便利になる
ネットバンキングの見逃せないポイント

ネットバンキングには一般的な銀行窓口にはマネできない便利なポイントがいくつか存在します。

その中から日常生活でも役に立つメリットを紹介していきましょう。

待ち時間なし!スムーズな取引

銀行の待ち時間は混めば混むほど長くなります。

振り込みをするだけでも数十分も待たされることもザラです。

しかしネットバンキングで手続きを行えば、待ち時間は0で完了するので、操作に慣れてくれば銀行窓口に行く必要もなくなります。

コンビニや郵便局のATMと提携

無店舗型ネットバンキングは店舗を構えてないため、当然ATMもありません。

なので現金を貯金したり引き落としたい場合には利用提携をしているATMを利用します。

コンビニだとセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなど全国展開している大手チェーンなので、よほど田舎でない限り近くにあります。

ほかにもゆうちょ銀行のATMも利用できるため、現金を引き出すためわざわざ銀行に向かう必要がないということですね。

引き出し手数料が無料のネットバンキングも!?

提携ATMを使うと利用手数料が心配ですよね?

大した金額ではなくても何回も利用するうちに手数料だけでかなりの金額になるでしょう。

しかしほとんどのネットバンキングでは指定の回数分、利用手数料が無料になる場合があります。

24時間手続きができる

大抵の場合は大手コンビニエンスストアやゆうちょ銀行のATMで取引ができるため、時間を機にすることなくお金を引き出すことが出来るんです。

銀行窓口の欠点は営業時間が長くない点にあります。

窓口が閉まる時間は16時ぐらいに終わってしまうので、仕事帰りに手続きをするためには休みの日を利用しなければなりません。

ネットバンキングであれば、自宅のパソコンを使って手続きが完結できるので、どんなに遅くなっても時間の心配をする必要がないということです。

いいことばかりじゃない!?
ネットバンキングのデメリット

ここまでネットバンキングの便利な点を紹介してきましたが、いいことばかりではありません。

便利な半面、使う人にとっては不便に感じるものです。

利用する前に気になる点をまとめました。

操作方法が複雑

ネットバンキングは初めての人でも使いやすいようにデザインされていますが、それはあくまでもインターネットがある程度使えるのが前提です。

今までパソコンやスマートフォンに触ったことのない人が、いきなり使えこなせるというものでもありません。

つまりネットバンキングを使うためにはパソコン操作にもなれておかないとならないということです。

パソコンに苦手意識のある人だと、できるようになるまで時間がかかり、結果的に銀行窓口で手続きをした方が早く済むという場合もあります。

覚えるパスワードが多い

実店舗の場合、お金を引き出すためには4ケタの暗証番号だけでいいのですが、ネットバンキングだとログインID・パスワード・暗証番号は最低限必要で、さらにセキュリティーコードや取引パスワードも必要だったりします。

これらのパスワード関係をすべて覚えるのは大変で、万が一忘れてしまうとパスワードの再発行をする手間がかかります。

セキュリティーを強化にするためには必要なことですが、気軽に使えないという点においては少々面倒かもしれませんね。

通帳が発行されない

銀行といえば通帳に記帳して残高を確認するのが一般的ですが、ネットバンキングでは通帳そのものが存在しません。

お金の預け入れや引き落としはキャッシュカードを使いますが、通帳自体はないため履歴はネットバンキングにログインをして履歴から確認します。

通帳がなくても履歴が見れるので、必要ない人には必要ないのですが、通帳を持つのが当たり前と考えている人にとってはこの点はデメリットになるかもしれませんね。

まとめ

ネットバンキングは忙しい現代人にとって便利なサービスです。

これから始めようと考えている人はとりあえず口座開設をしてみてはいかがでしょう。

口座開設だけなら無料で出来ますし、口座維持手数料もかかりません。

不安であれば、まずは少額からでもネットバンクにでも入れておくといいでしょう。

そこから少しずつ使い方に慣れていってください。

  • 口座開設・維持手数料は無料
  • 全国のコンビニや郵便局のATMから預け入れ・引き落とし可能
  • 各種手続きはパソコンやスマホから操作できる
ABOUT ME
ケロ蔵
北海道に住んでいる30代独身。