スマホ中級者講座

androidスマートフォンを紛失した際にやっておく事とは?

困っている女性

スマートフォンはとても便利なので、肌身離さず持ち歩いていると思いますが、何らかの拍子になくしてしまったと言ったことは必ず訪れます。

そんな状況に陥ってしまった場合に備えて、対策は万全に行いましょう。

対策を知らずに慌てても見つからないものは見つかりませんし、万が一盗まれでもしたらあなたの大事な個人情報がネットに流れるかもしれません。

そうなる前にやるべきことはやってください。

とはいっても、何から始めれば良いのかわからないといった方のために、スマートフォンを無くす前・無くした時・見つかったあとの3つに分けて紹介していきます。

[st-kaiwa3 r]

事前に対策を講じておかなければ、後で取り返しがつかなくなります。無くしてから対策をしても時既に遅し…ですよ。

[/st-kaiwa3]

スマートフォンを無くしてしまう前にやっておくべき対策

スマホの操作

スマホがまだ手元にある段階でもやるべき対処法はあります。

ポイント

  1. スマホにロックをかける
  2. Googleアカウントにデバイスを登録
  3. スマホに保存しているデータをバックアップ
  4. 契約している通信事業者の連絡先をメモしておく
  5. GPSをONにしておく

この段階ではまだスマホを紛失していませんが、万が一の場合に備えて準備は万全にしておきましょう。

何か起こってからでは遅いのです。

スマートフォンにロックをかける

スマホを手に入れたら真っ先にロックをかけましょう。

利便性を重視してロックをしないスマホ利用者もいますが、これは必ずやっておいて下さい。

iPhoneでは絶対にロック設定が必要ですが、Androidだと任意なので必ず設定しておきましょう。

ロックを解除するのに、いちいち暗証番号を入力するのはめんどくさいかもしれませんが、ロックが掛かっていないと第三者があなたのスマホを見られたりする可能性もあります。

もしも悪意ある人にスマホを盗まれでもしたら、個人情報を抜き取り悪用されるかもしれません。

そうなるとあなたの信用問題にもなりますので、多少面倒でもやっておきましょう。

Googleアカウントにデバイスを登録

初期設定でGoogleアカウントを作成しなかった場合は最低でも1度はGoogleにログインして下さい。

電話帳のバックアップや位置情報の特定を行うにはスマホとGoogleアカウントを紐付けなけれななりません。

スマホに保存しているデータをバックアップ

万が一スマホが見つからなかったとしても、新しい物に買い換えることは出来ます。

しかし電話帳や画像データは元には戻りません。

MicroSDカードにバックアップしても意味がないので、クラウドストレージを利用しましょう。

クラウドストレージにバックアップしておけば、復元は簡単にできるようになっていますので、なくしてしまう前に必ずバックアップを実行するようにしておいてください。

今のスマホなら自動バックアップに対応していたりするので、バックアップするのを忘れたということは無いでしょう。

契約している通信事業者の連絡先をメモしておく

スマホを無くしたときにすぐに見つからない場合は、契約した通信事業者へスマホ紛失の連絡を取るための電話番号が必要です。

その際に連絡先はスマホの電話帳以外にも別途わかるようメモしてください。

スマホだけに連絡先を入れておいても、紛失してしまったら意味がありません。

改めてネットで調べるのは時間のロスにもなるので、すぐに連絡を取れるよう記録しておきましょう。

[st-kaiwa1]

自分の電話番号を覚えてないのであれば、ついでにメモしておきましょう。

[/st-kaiwa1]

GPSをONにしておく

GPSは常時ONにしておきましょう。

スマホを無くした場合、位置情報を特定するためにGPSを使って探します。

GPSをONにしたままだとバッテリーが減りやすくなるためOFFにしている人もいますが、この状態で無くしてしまうとスマホを探すのが困難になってきます。

バッテリーの減りが少し早くなる事よりも、スマホを無くしたときのリスクのことを考えたら大したことではないはずです。

スマホを無くした事に気づいてからやっておく対策

困っている女性

実際にスマホをなくしたときは無くしたときのパニックで何をやればいいのかわからなくなっています。

間違った判断をしない様、事前に何をやっておけばいいのか頭の中でシミュレートしてみましょう。

そうすることで落ち着いて行動でき、被害も最小限に抑えることが出来ます。

見出しテキスト

  • 紛失したスマホに電話をかける
  • スマホの現在位置を特定する
  • SIMカードの利用を一旦停止する
  • 警察に連絡をする
紛失時の対策
  1. 紛失したスマホに電話をかける
  2. スマホの現在位置を特定する
  3. SIMカードの利用を一旦停止する
  4. 警察に連絡をする

紛失したスマホに電話をかける

まず最初にやるべきことは紛失したスマホに電話をかけてみてください。

どこに置いたか忘れた場合、自宅において無くしたか外で無くしたか確認します。

自宅にあれば着信音が鳴りますので、音を頼りに探しましょう。

外にある場合は誰かが預かっている場合もありますので、とりあえずアクションは起こしてください。

誰が出るかわからないからと怖気づいていたら、大事なスマホは戻りません。

[st-kaiwa1]

スマホからしか電話がかけられない場合は公衆電話を利用しましょう。

[/st-kaiwa1]

スマホの現在位置を特定する

Androidの場合、紛失したスマホの位置情報を特定して大まかな場所を特定できます。

GPSをONにしておけば、Google デバイスを探すの機能で位置をサーチしてくれます。

事前にデバイス登録を行っておいてください。

Googleアカウントがあれば誰でも利用可能

android.com/findでデバイスを探す事が出来ます。

[st-kaiwa1]

紛失前に正常に機能するかテストをしておくことをおすすめします。

[/st-kaiwa1]

SIMカードの利用を一旦停止する

スマホをロックしても本体からSIMカードを抜き取って、データ通信ができるようになっているため貴重な容量を消費されかねません。

電話をしても反応がない場合は契約しているサポートセンターへ一報を入れておいてください。

SIMカードの利用を一旦停止させます。

後でスマホが見つかればSIMカードの利用を再開させればいいだけですし、見つからなかった場合は再発行をするだけで前のSIMカードは使えなくなります。

何もせずに放置していると、悪意ある第三者があなたのSIMカードを使って悪用するのは間違いありません。

そうならないためにも紛失・盗難の連絡は早めに行いましょう。

警察に連絡をする

コチラのアクションに反応せずスマホが不自然な移動をしている場合は、盗難されている可能性が非常に高いです。

ある程度の位置はわかるものの、誤差があるため正確な位置はつかみにくいです。

自力で探し当てるのは至難の業なので、警察の力を借りましょう。

たとえ盗まれたスマホを第三者が持っていたのを見つけたとしても、トラブルになる可能性は十分あります。

なので警察にも立ち会って自身のスマホであることを証明し、取り返しましょう。

スマホが見つかったときにやっておくべき事

スマホを持って笑顔

スマホが無事に見つかったら紛失前の状態に戻すだけです。

もとに戻すだけと思っても、どうすれば良いのかわからないということもあり得ます。

ポイント

  • SIMカードの利用を再開
  • データの復元(データを消去した場合)

SIMカードの利用を再開

先程スマホが見つからなかった場合、SIMカードの利用を一旦停止させたので、利用を再開させましょう。

このままだと通信が出来ないままです。

一報を入れれば再び通信が解除されますので、早めにやっておきましょう。

データの復元(データを消去した場合)

スマホのデータ流出を防ぐために遠隔操作で削除した場合、元に戻さなければなりません。

そうしないといざ使おうと思っても使うことが出来ませんから。

紛失前にバックアップを取っていれば、もとに戻すことが出来ます。

またGoogleアカウントにログインをすれば、電話帳や画像データは簡単に復元できますので、安心して下さい。

ABOUT ME
ケロ蔵
北海道に住んでいる30代独身。