おすすめアプリ

地図アプリの決定版!Googleマップを使いこなそう

Googleマップって使ったことはありますか?

スマホに最初からインストールされているアプリですが、スマホに詳しくない方だとあまり使ったことはないのではないでしょうか。

旅行などでは重宝する定番アプリなのですが、普段でかけたりしない人でも使ってみたら意外と楽しいんです。

今回はGoogleマップをあまり使ったことのない人のために記事にしてみようと思います。

Googleマップとは?

GoogleマップはGoogleが提供している地図アプリです。

しかも日本国内だけではなく、世界中のほぼ全てを網羅しているという徹底ぶりです。

海外旅行で目的地を決める際の参考になりますよ。

Googleマップで世界を見渡せる!

GoogleマップはAndroidとiOS両方に対応しています。

スマホにはGPSが搭載していますので、すべてのスマホユーザーが利用できると言ってもいいでしょう。

このアプリを使えば、旅行先で目的に迷わず到着できるようになりますので、使ってみて下さい。

実際に見た気分になれる『ストリートビュー』

Googleマップには実際の風景を閲覧できるストリートビューという機能があります。

この機能を使えば、遠く離れた景色をパソコン上で閲覧することが出来るんですよ。

例えば下の画像は東京タワーを表示させていますが、これは僕が実際に撮影したわけではなく、ストリートビューを使って表示させただけです。

ストリートビューで見た東京タワー

この機能を使えば、「この場所はどんな所なんだろう…」と調べることが出来るので、旅行した気分になれるかもしれません。

Googleマップをダウンロードしてみる

Googleマップの便利な使い方

Googleマップではこのような使い方ができます。

Googleマップの機能

  • 目的地への最適なルートをナビ
  • Googleマップをカーナビ代わりとして代用
  • 目的地への到着時間を予測

目的地への最適なルートをナビ

電車・車・徒歩の3種類に対応しており、選んだ移動手段によって最適なルートが変わってきます。

例えばカーナビだと車で移動するのが基本なので、それ以外の移動手段には対応していませんが、都会など電車で移動するのが一般的な街ではカーナビよりもGoogleマップの方が便利ということです。

Googleマップをカーナビ代わりとして代用

現在地と目的地を設定するだけで、いくつかのルートから最適な道順を教えてくれます。

しかも、目的地だけではなく経由地も設定しておけば、それに沿ったルートで導いてくれます。

特に地方に住んでいる人は車を移動手段に用いる人が多いです。

車を運転しながらカーナビを使用するのは危険ですが、同乗者にスマホを持たせて案内をしてもらうと、回り道をせずに最短ルートで到着できますよ。

[st-kaiwa1]

道に迷うのも旅の醍醐味とは言うけれど、僕はやっぱり最短で到着したいね。

[/st-kaiwa1] [st-kaiwa4 r]

旅の目的は人それぞれですし、それはそれでいいのではないでしょうか。

[/st-kaiwa4]

目的地への到着時間を予測

Googleマップには目的地までのおおよその時間を予測してくれる機能があります。

さすがに混雑状況には対応しきれていませんが、到着時間を予測してくれればスケジュールも立てやすくなりますのでオススメです。

Googleマップとカーナビどちらが便利なのか比較

Googleマップとカーナビが使い道が似ているため比較されやすいです。

個人的にはカーナビよりもGoogleマップの方が総合的に見て使いやすいと思っています。

カーナビはスマホの代わりにはなりませんが、スマホはカーナビの代わりになります。

[st-kaiwa2]

スマホがあればカーナビを設置する必要は無いかもね。

[/st-kaiwa2]

Googleマップとカーナビの良いところ比較

まずは地図アプリとカーナビの良いところを比較したものです。

Googleマップ

  • 地図の更新費用が不要
  • 持ち運びが容易
  • 無料で利用できる

カーナビ

  • バックモニターとして使える
  • テレビが見れる機種が多い
  • 電力供給の心配がない
  • 画面が大きい

Googleマップの良いところ

Googleマップの良いところは無料で利用できることですね。

無料なのにもかかわらず広告や課金が必要ないので、思う存分使うことができます。

カーナビの良いところ

カーナビの良いところはカーナビ以外にも車を運転するのに便利なバックモニターやテレビとして見れます。

現在のスマホはワンセグ機能が付いていないものが多いので、車内でもテレビを見たいという人であればカーナビをつけていれば暇つぶしになるでしょう。

Googleマップとカーナビの悪いところ比較

次にそれぞれの悪いところです。

Googleマップ

  • 画面が小さい
  • スマホを固定するホルダーが必要
  • オフラインだと使えない
  • バッテリーの消耗が速くなる

カーナビ

  • 地図の更新料が高い
  • 設置コストが高い
  • 他の機器と電波が干渉する可能性
  • NHKから受信料のお願い催促がくる?

Googleマップの悪いところ

Googleマップをカーナビ代わりとして利用をする場合、データ通信をしなければ使うことができません。

現在地を調べるくらいであればオフラインでも利用することはできますが、お店や施設などの検索をするためにはオンライン状態でなければ使えないんです。

そしてナビをしている最中は常にデータ通信をしています。

データ通信をするという事は常に通信量が発生しているので、頻繁に使っているとデータ容量が足りなくなることがあるかもしれません。

カーナビの悪いところ

カーナビの場合は地図の更新をしなければ情報が古くなって、新しくできた道路やお店など表示されません。

そして地図を新しくするために必要な更新料は大体1万円近かかります。

地図の更新をするためだけに1万円近くも費用を出す人は、よほどのドライブ好きでなければそのまま使い続けるか新しい物に買い換えるでしょう。

そしてカーナビは本体以外にも設置費用の面でお金がかかります。

ポータブル型は固定ホルダーだけで済みますが、設置型は配線周りだけでも高額です。(もちろん取り外しも含む)

これはカーナビとは関係ありませんがテレビが見れるタイプが多いため、NHKと契約をしていない住宅に訪問員がやってきて契約を迫ってくるキッカケになります。

NHKと契約していない場合は追い返す手間がかかるでしょう。

まとめ

地図アプリは旅行やドライブで非常に重宝します。

知らない土地で目的地を探すのに地図を片手に歩き回る必要がありません。

まだ使ったことがなければ、試しに自宅近くから使ってみてはいかがでしょうか?

[st-kaiwa3 r]

無料で利用できるので、試しに使ってみるといいでしょう。

[/st-kaiwa3]

Googleマップをダウンロードしてみる

ポイント

  • 地図アプリはGoogleマップだけで十分
  • Googleマップはカーナビとして優秀
  • スマホを持っていたらカーナビは必要ないかも。
ABOUT ME
ケロ蔵
北海道に住んでいる30代独身。