スマホ初心者講座

クレカ払いだけじゃない!?他にもまだある格安スマホの支払い方法

スマホとクレジットカード

格安スマホに興味はあるけれど、クレジットカードを持っていないから契約することができない…と諦めていませんか?

確かに多くの格安スマホ会社は、クレジットカードでの支払いを推奨しています。

しかし、クレジットカードを持っていなくても格安スマホを契約できる方法もあるんです。

そこで今回はクレカ以外で支払いをできる方法について紹介していきます。

アイナ

ライフスタイルに合わせた支払い方法を選びましょう。

格安スマホの契約はクレカ支払い以外でも出来るってホント!?

スマホとクレジットカード

スマホを利用する際にクレジットカードを持っていないと、契約することができないと思っている人が多いですが、実はそれ以外でも出来る支払い方法があるのをご存知でしょうか?

すべての格安スマホ業者ではありませんが、大手のサービスでは他の支払い方法が存在します。

普段からクレジットカード決済をしなかったり、そもそも持っていない人にとっては、とてもありがたいですね。

口座振替

銀行や郵便局の口座から毎月、料金が自動的に引き落としされる支払い方法です。

銀行口座を持っていない人はまずいないので、ほぼすべての人が使うことが出来ます。

デメリットは手数料がかかる場合が多いです。

引き落とし手数料という名目で100円〜200円程度の費用がかかります。

1年間に換算すると1200円〜2400円もの追加費用がかかるのは痛いですね。

他にも口座にお金を用意しておかないといけない手間がかかります。

デビットカード

デビットカードは主に銀行系のキャッシュカードと一緒に付帯されている支払い方法で、引き落としは利用している銀行口座から直接引き落としされます。

口座振替と似ていますが、対応しているカードさえ持っていればいいので、改めて審査をする必要がありません。

プリペイド感覚で使えて、口座に入っている残高以上の引き落としはされないので、安心して使えます。

デメリットは支払い方法に使えるサービスが非常に少なく、使えるところを探す方が難しいです。

現時点で対応している会社は楽天モバイルくらいで、しかも楽天デビットカードかスルガ銀行デビットカードしか対応していないので、あまり使われない支払い方法でしょう。

それなら口座振替を指定した方が使い勝手がいいです。

プリペイド

代金先払い式のプリペイドでも格安スマホは使えます。

上記の2つとは毛色が異なる支払い方法ですが、先にお金を支払ってから利用ができるタイプなので、個人情報を提供することなく使えるのが強みです。

他にも現金主義の方には使いやすいでしょう。

もちろんデメリットもいくつかあり、1つ目は利用できる業者が非常に少ないということです。

大手格安スマホ業者はこのサービスを提供していない場合が多く、ネットで調べなければ出てこないことが多いです。

2つ目は後払い式に比べると、かかる費用が割高になってしまうという点でしょう。

3つ目は先払い式という特性上、事前にチャージをしておかなければ、使うことができないということです。

それぞれの支払い方法の良いところと悪いところのまとめ

疑問

ここまでクレカ以外の支払い方法について紹介してきました。

どの支払い方法も一長一短で、いいところも悪いところもあります。

クレジットカード

メリット

  • すべての格安スマホ業者で利用が可能
  • 即時決済ができる(他の方法だと決済をするのに時間がかかる)
  • ポイントが貯まる
  • 即座に利用ができる

デメリット

  • カードを持ってない場合は事前申し込みが必要
  • 管理する手間がかかる
口座振替

メリット

  • 銀行や郵便局から自動引き落としができる
  • ほぼすべての人が利用可能な決済

デメリット

  • 引き落としの依頼申し込みをしないと利用できない
  • 引き落とし手数料がかかる場合がある
デビットカード

メリット

  • カード審査の必要がない

デメリット

  • すべてのデビットカードが利用できるわけではない
  • (○○の格安スマホ会社はAとBのデビットカードのみ対応とか)
プリペイド

メリット

  • 必要な分だけチャージ出来るから使い過ぎの心配はなし
  • 契約をしなくても利用が可能

デメリット

  • 他の支払い方法よりも高い
  • 利用できるサービス提供会社が少ない
  • チャージをしなければ使うことができない

ABOUT ME
ケロ蔵
北海道に住んでいる30代独身。