ネットサービス

時代は4Gから5Gへ!それでも急がなくていい理由

2020年に次世代の通信規格にあたる5Gが本格的にスタートします。

現在使っているすべてのスマホは4Gで、少しずつ5Gに対応する機種が増えてくることでしょう。

これから5Gが登場するまでスマホを買い控えようかと考えているかもしれませんね。

結論を言うと今すぐ5Gに切り替える必要はありません
というか4Gのスマホを買っても問題ないです。

その理由は実用的になるまで当分先の事だからです。

なので、今持っているスマホは大事に使い続けてください。

ではどうして5Gを急がなくてもいいのか理由を書いていこうと思います。

ケロ蔵

時代は5Gだから急いで買い換えないといけないのか~

アイナ

まだ対応している機種がないから、そう焦らなくてもいいですよ。

5Gの基本を簡単に解説

5Gとは第5世代の通信規格のことで、現在使われている通信規格4G(LTE)の後継規格ということになりますね。

2020年春頃から本格的に運用していくと大手キャリア3社が発表しているため、そう遠い未来の通信規格では無いということです。

この記事を書いている段階では、まだ先の話ですが、いずれはメインの通信規格として運用していくことは間違いありません。

4Gから5Gになってどう変わる?

5Gがすごいのはわかるけれど、実際にどれくらいすごいの?と思うかもしれませんね。

4Gから5Gに変わる点は次の3つです。

4Gと5Gの違い
  1. 通信速度が速くなる
  2. 一度に接続できる数が多くなる
  3. 待ち時間が短くなる

そして4Gと5Gの特徴は次の表にまとめました。

4G 5G
通信速度 最大1Gbps 最大20Gbps
同時接続数 10万台/平方km 100万台/平方km
遅延速度10ms1ms

通信速度

通信速度が早ければ早いほど、データの送受信にかかるスピードが上がります。

メール程度であればどちらもそれほど違いはありませんが、容量の大きい画像とか動画はこの通信速度が大きく影響しています。

当然通信速度が速い方がダウンロードを完了するまでの時間が短いため、待ち時間もなくストレスフリーで利用できるというわけですね。

同時接続数

同時接続数とは基地局で同時に接続できる台数のことです。

スマホ利用者は特定の時間帯に集中しているため、これらの時間に利用しようとすると通信速度が遅くなる傾向にあります。

  • 午前7~9時の通勤・通学の時間帯
  • 午後0時~2時のお昼休みの時間帯
  • 午後5~7時の退勤や下校時間
  • 午後9時~11時の帰宅後

他にも年末年始のあけおめメールや、自然災害や大事故などによる安否確認などで利用する人も増えたりもするんです。

5Gになれば約10倍もの同時接続数に対応できるため、たとえ利用者が集中してしまっても耐えられるだけのパワーがあるということですね。

遅延速度

データを受信してから認識するまでのスピードです。

自動運転や医療現場などで今後役に立つと言われています。

現在の所、スマホとの関連性はあまりないかもしれませんが、今後リモートアプリの利用などで影響があるかもしれません。

5Gになると通信料金はどれくらい変化する?

5Gになって一番に気になるのは料金ではないでしょうか?

現在の4Gよりも通信量が上がるのことが予想されます。

正確な金額はまだ発表されていませんが、NTTドコモの吉澤和弘社長が次のようなことを言っています。

「現行の4G LTEスマホ向けプランから大幅に高くなるということは考えられない。4G LTE向けプランより少し高くなるが、5Gだから大幅に高くなるということはない

引用記事:engadget

つまり高くなるのはほぼ確定という事です。

現在のドコモの料金プランは『ギガホ』『ギガライト』の2つのプランがあるので、これらの金額よりも高いということですね。

これは現在の4Gが利用開始された時も同様で、サービス開始当初は大幅な料金アップで利用者から不満があったものの、現在は徐々に値下がりしていって今の値段に落ち着いているという事です。

まぁ最初の頃は機器の設置や管理など様々なコストがかかるため、仕方がないでしょう。

しかし利用者が増えてきて、全国的に通信インフラが完了したら、徐々に値下がりはすると思うので、気長に待つことにします。

5Gを急がなくてもいい理由とは?

そんな快適な通信環境を提供してくれる5Gですが、しばらくの間は様子を見た方がいいと思っています。

いくつか理由がありますが、その中で納得できる理由について挙げていきましょう。

地方に通信包囲網が敷かれるまで時間がかかる

5Gを利用するためには対応しているスマホ以外に電波を送受信するための基地局が必要です。

この基地局を設置しない限り、5Gを利用することが出来ないというわけです。

最優先で5Gの基地局を設置するべき場所は人がたくさん住んでいる都市部ですね。

そこから全国に電波が届くように基地局を増やしていきます。

これらの作業をとても時間がかかり、1年程度では到底無理でしょう。

その間に通信料金の見直しがされたりスマホの寿命など、買い換えるきっかけは多いのでその時に考えても遅くはありません。

通信料金が高い

5Gはこれから運用が始まるため、キャリアも強気の価格設定をするのは間違いないでしょう。

どのくらい価格が上昇するかは現段階では分かりませんが、1000円~3000円くらいは上がると思われます。

どうしても5Gを使ってみたいという方ならばいいと思いますが、現在の4Gでも不満がないのであれば急ぐ必要は無いということですね。

5G対応機種が少ない

現段階で5Gに対応しているスマホは存在しておらず、今後Appleなど大手スマホメーカーから続々と登場することは間違いありません。

仮に登場するにしてもハイスペック機にしか対応しないことが予想されます。

元からハイスペック機を愛用してるユーザーであれば問題ありませんが。

しかしスマホにあまりお金をかけたくないライトユーザーとしては、そこまでして急ぐ必要は無いんじゃないかと感じます。

4GはDVD、5Gはブルーレイ

4Gから5Gへ進化するのは歓迎すべき事なんですが、毎月払う料金が高くなってまで利用するかと言われれば悩むところです。

なので個人的には4GはDVDで、5Gはブルーレイのようなものだと思っております。

次世代ディスクとして期待度が高かったものの、2020年現在いまだにDVDが大半のシェアを占めています。

ブルーレイで映像を見るためには専用の再生機が必要だったりして、コストが非常にかかるんです。

確かに5Gの通信速度などは4Gよりも格段に早くなっているため、便利なんでしょう。

しかし現在の4G回線が不便なのかと言うと、そうとも限りません。

時間帯によって通信速度が劇的に遅くなることはありますが、それでも普段使いならばそこまで不便に感じることはないでしょう。

まとめ

今回は急いで5Gにしなくてもいい理由について紹介してきました。

次世代通信規格という事で期待の声が高い一方で、利用料金が高くなるんじゃないかという不安の声もあります。

これから先、4G→5Gへと世代交代しつつあるので、その時が来るまで待っているのも一つの手かもしれませんね。

まとめ
  • 5Gは4Gの約十倍の通信速度
  • 月額料金は4Gよりも少し高いぐらい
  • 5Gが一般的に使われるのは当分先
ABOUT ME
ケロ蔵
北海道に住んでいる30代独身。