スマホ初心者講座

格安SIMって何?わからない疑問を解決!

格安SIMって言葉はよく聞くけれど、何のために使うのかいまいちピンとこない人って多いと思います。

スマートフォンとは違って、何に使うのかが明確に答えられる人って多くないでしょう。

格安スマホを使うのであれば、格安SIMについても理解しておかなければなりません。

スマホを使う上では欠かすことができない基礎知識として、格安SIMについて詳しく解説していきます

SIMカードは契約者かどうかを識別するためのパーツ

SIMカードの画像

格安SIMの説明をする前に、そもそもSIMカードの役割について説明しておきましょう。

SIMカードは利用者の個人情報を識別するためのチップです。

ICチップと呼ばれる電子機器で、クレジットカードや電子マネーにも使われています。

おもに偽造防止用のために使われていますね。

チップには識別番号が記録されており、この番号が有効かどうかを契約した会社へ照会・照合し契約が有効だった場合に通信を利用する事ができます。

当然、契約を解除したらSIMカードを装着していても無効の識別番号と認識され、弾かれてしまいます。

SIMカードは何をするためのもの?

SIMカードを装着してできることは以下の3つです。

  1. 電話
  2. ショートメール(SMS)
  3. インターネット

1と2に関してはSIMカードを装着していなければ使うことができません。

3のインターネットはSIMカードがなくても使うことができますが、ネット回線ができる環境がなければそもそも使えませんので、結局は必要になってくるとも言えます。

逆にいうと、これらの機能が必要ないのであれば、SIMカードを入手する必要がないということですね。

スマートフォンにSIMカードを入れないと使えないというのは間違い

SIMカードを差し込まないとスマホを使うことができないと結構勘違いする人は多いですが、SIMカードをスマートフォンに差し込まなくても使うことができます。

元々スマートフォンは電話もできる小型パソコンなので、オフライン環境でもできるアプリは多々あります。

SIMカードを挿さないとできない機能はありますが、すべての機能が使えなくなるということではありません。

これはどのスマートフォンでも同様です。

自宅にネット回線が備わっていてWi-Fi環境が整っていればSIMカードがなくても通信することはできます。

SIMカードはネット通信をするための一つの手段であり、無くてもインターネット環境を構築することは可能です。

格安SIMとは?

話が長くなりましたが、それでは格安SIMについて解説していきます。

格安SIMはドコモ・au・ソフトバンクなど独自の通信網を持たず、通信網を借りて運営している会社のSIMカードのことを言います。

当ブログでも紹介している楽天モバイルやUQモバイル、mineoなど独自の通信設備を持たない業者がこれに当てはまります。

大手キャリアが発行しているSIMカードは料金が高額なのを比較にして安い料金で利用できるSIMカード、つまり格安SIMと呼んでいます。

アイナ
アイナ
格安SIMは世間一般にも認知されているため、シェアを拡大しているんですよ。

どうして格安SIMは格安で運営できるの?

格安SIMの価格を見てかなり安いからサービスが悪いのではないか?と思っちゃいますよね。

ですが格安料金で運営できているのはキチンとした理由があるからなんです。

まず申し込み手続きは基本的にオンライン上で行なっているので、店舗の設置や従業員の雇用をするためのコストがかかりません。

他にも通信網を借りているだけなので、基地局を用意したり通信設備は必要ないです。

これらのコストが基本不要なので、様々な格安スマホ業者が価格競争に参加できて、結果的に消費者に安い利用料金で提供することができるというわけです。

0から通信インフラを用意するためには膨大な資金と時間が必要と言われています。

わからないでは済まされない!?格安SIMのデメリット

ここまで格安SIMのメリットについて紹介してきましたが、もちろんデメリットも存在します。

格安SIMを利用するのであれば、これらのデメリットを理解しておき自身で対処できるようにしておきましょう。

  • 通信速度がキャリア携帯に比べて遅い
  • 対面のサポートは基本的に対象外
  • サービスを選定するのが大変

通信速度がキャリア携帯に比べて遅い

まず1つ目はキャリア携帯に比べて通信速度が遅いです。

キャリアの通信網を借りて消費者に安く提供していることもあり、時間帯によっては遅く感じるかもしれません。

どのくらい遅くなるかというとドコモの通信速度が10だとすると、格安SIMは2〜3程度です。

価格に比例して速度も遅くなるのはどの格安SIM会社でも同じなので、この辺りはある程度妥協しなければなりませんね。

対面のサポートは基本的に対象外

格安SIMを提供しているサービスのほとんどは店舗を構えていないため、故障やトラブルの相談は全てオンライン受付から問い合わせなければなりません。

格安SIMを提供しているサービスの中には店舗を構えている会社もあるので、不安な方はそういったところを選ぶといいでしょう。

とは言っても、キャリアよりも実店舗数が少ないため、地方に在住の人だと立ち寄ることも難しいかもしれません。

  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • Y!モバイル

サービスを選定するのが大変

キャリア間であればドコモ・au・ソフトバンクの3社だけ比較すればいいのですが、格安スマホ業界は大きいところから小さいところまで実に数十社が参入している規模の大きい業界です。

それだけ格安スマホ業界は参入しやすく選び放題ともいえるでしょう。

しかしそれだけのサービスを選定して決定するのは非常に労力がかかります。

価格以外でも通信速度やキャンペーンの比較、ポイントサービスなど比べるところは多いです。

スマホがわからない初心者にオススメの格安SIM業者

最後にこれから格安スマホを持とうと考えている方にオススメのサービスを紹介していきます。

スマホ業者選びに疲れたら、有名なところを選んでおけば問題ないでしょう。

有名な格安スマホ業者
  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • Y!モバイル
  • mineo(マイネオ)

他にもたくさん展開されていますが、利用者数が多いところであればサポートもしっかりしているので、最初のうちはこの4つの中から選び、スマホに慣れてきたらいろんなところを探してみるのもいいかもしれませんね。

アイナ
アイナ
利用者が多いということは口コミも多いということです。
ABOUT ME
ケロ蔵
北海道に住んでいる30代独身。