スマホ初心者講座

料金の安さだけで格安スマホに乗り換えると後悔するデメリットとは?

ケロ蔵

格安スマホは料金が安いと聞いたから乗り換えたんだけど、料金明細書を見たら料金があまり変わらなかったんだ。

安いと思ったから乗り換えたのに、これじゃ意味ないよ〜

アイナ

格安スマホは月額料金の安さが売りですが、普段の使い方によってはキャリアスマホとほとんど変わらない場合もありますよ。

格安スマホは名前の通り毎月支払う料金が安くなるため、乗り換えようと考えている人は多いです。

ですが、実際に格安スマホに乗り換えたら、あまり安くならなかったため後悔した人がいたりもします。

格安スマホへ乗り換える前に、自分の使い方が果たして本当に安くなるのか検討してみましょう。

格安スマホに乗り換えてから気付く7つのデメリット

格安スマホはどの業者も安さをウリにしているため、本質的な部分についてはほとんど触れていません。

注意書きはありますが、文字の大きさが小さいために意外と見逃しがちです。

契約してから知らなかったでは済まされないので、格安スマホのデメリットを知っておきましょう。

ケロ蔵

格安スマホは安く利用できるのと引き換えに、自分で対応しないといけないんだ。

格安スマホのデメリット
  • 通信速度が遅い
  • 家族間の通話は無料にならない
  • 対象のショップが少ない
  • 自分で初期設定を行わなくてはならない
  • 電話が使えない期間がある
  • 支払い方法はクレジットカードが基本
  • キャリアメールが使えなくなる

通信速度が遅い

格安スマホの通信速度は大手キャリアに比べて遅いです。

これはどの格安スマホにも言えることなので、どうにもなりません。

例えると、道幅の広い道路が大手キャリアの通信網で、道幅の狭い脇道が格安スマホと考えてみましょう。

道幅が広ければ、止まることなく目的にまでスムーズに走ることができますが、脇道だと道が狭いため渋滞になりやすいです。

家族間通話は無料にならない

家族で同じキャリアを使っていると家族間割引が適用され、24時間通話料が無料になっています。

そのため、普段から家族へ通話している家庭だと必要不可欠でしょう。

格安スマホに乗り換えると、別のサービスを利用するという事になるので、無料通話の適用外となってしまいます。

LINEなどの無料通話が出来るアプリで代用することはできますが、親がガラケーなどを使っているとLINEのアプリを使うことが出来ないので、通話料金を気にしなければなりません。

対象ショップが少ない

格安スマホが安く提供できる理由の一つに、経費削減が挙げられます。

ショップの運営も経費削減の一つですね。

そのため、あまりたくさんのショップを構えられないのが実情です。

人口の多い地域なら存在していたりもしますが、東京や大阪など大都市にしかないため、ほとんどの地方都市には存在しないといってもいいでしょう。

携帯ショップが近くになくても電話やメールで問い合わせることはできますが、対面でないと嫌だという人にとっては厳しいかもしれません。

キャリアメールが使えなくなる

格安スマホに乗り換えると今まで使っていたメールアドレスは使えなくなってしまいます。

具体的には○○○○○@docomo.ne.jpや、○○○○○@au.comのドメイン部分が使えません。

ドメインが変わると、相手からのメールが受信できなくなるため、改めてメールアドレスの変更を伝える必要があります。

これが面倒で、格安スマホに乗り換えるのをためらう人は多いです。

ケロ蔵

メールアドレスを変更する手間がかかるから、変えたくないんだよね~

格安スマホに乗り換えない方がいい人の例

スマホを利用している人すべてに格安スマホを勧められるかと言われるとオススメできません。

先ほど説明したデメリットを妥協できるかどうかで変わってきます。

どうしても通信速度の遅さが我慢できない人は、乗り換えずにキャリアスマホを利用し続けた方がいいし、家族で同じ携帯会社を使っていたら家族割も適用されています。

乗り換えない方がいいケースは以下の通りです。

  • 家族で同じ携帯会社を使っている
  • 家族同士の通話が多い
  • クレジットカードを持っていない
  • キャリアメールを変えたくない
  • パソコンの操作が苦手
  • 携帯ショップが近くにないと不安

格安スマホに乗り換えてから失敗しないために

格安スマホに乗り換えて失敗しないために、必ず以下のことはしっかりと考えておきましょう。

  • 電話はどれくらいかけるか?
  • 家族割が無くなると料金がどれくらい変わるか?
  • 自分でスマホの初期設定ができるか?

通話料は大手キャリアと格安スマホで違いはなく一律30秒/20円ですが、オプションによっては料金の幅が変わります。

とくに大手キャリアだとカケホーダイは格安スマホには無いので、長く通話する人であれば必要不可欠なオプションです。

そして、家族割の存在も見逃せません。

家族が同じキャリアを使っていれば、データシェアができて1か月あたりの通信量も抑えられていましたが、グループから抜けて格安スマホに切り替えるとそれらの割引も無くなります。

キャリアスマホは高いもの、という思い込みから格安スマホに乗り換えた結果、毎月支払う料金がほとんど安くならなかったというのはよく聞く話ですね。

最後に初期設定はスマホ初心者が一番つまづきやすい部分です。

パソコンに詳しくない人だと、最初の設定で頭がこんがらがってしまうので、スマホに対する苦手意識が強くなってしまいます。

まとめ

格安スマホは料金の安さから安易に乗り換えようとした結果、使いずらくなってしまったという話はあります。

まわりが格安スマホに変えて料金が安くなったといっても、自分にとって当てはまるとは限りません。

まずは今使っている料金プランと、格安スマホの料金を比較してみましょう。

料金がそれほど変わらないのであれば、今のままでも十分です。

安いからと言ってすぐに乗り換えようとせず、まずは乗り換え先の料金と比較してから変えるかどうか考えましょう。

ABOUT ME
ケロ蔵
北海道に住んでいる30代独身。